医療費控除を活かして、是非税金の還付を受けてもらいたい。

現代社会において入院した場合、医療費控除を是非受けるべきである。

そもそも医療控除について意味を説明したい。

医療費が多く掛かった年に年末調整する場合、医療費控除を申請する事で支払った税金の一部が還付される事である。

生計に関わる、家族全員の年間の医療費が10万以上を超える場合申請する事で還付対象となるのである。

しかしながら、あくまでも納めた税金が還付されるものであり、そもそも納税額が還付額以上払っている事が条件となる。

この医療費控除で案外見落としてがちになっている事がある。

それは、入院だけではないと言う事だ。

通院のための交通費や、薬局で購入した薬代、そのほかに出産費用や寝たきりの方のおむつ代も医療費控除対象内となるのである。

上記で挙げた事は以外と皆さんもご存じなかったのではないだろうか。

このような金額を年間で合計した場合は、案外10万円以上掛かってくるのではないだろうか。

かく言う私も、昨年医療費の累計が10万以上を超えたため、医療費控除を受けた一人である。

このように医療費控除の仕組みなど、ちょっとした事を知っていると知っていないとでは、案外年間得られる金額に差が出てくるものである。

医療費控除の仕組みを友人に話しところ、案外知らなかった友人がいたので意外だった。

この長い人生において、納税は国民の三大義務の一つであり、納税が無くなる事は決してない。

しかし、少しでも年間得られる金額を増やすためにも、このような方法を行う事で皆さんには節税効果を享受して頂ければ幸いである。

Leave a Reply