化粧品に使われるオリーブオイルについて

オリーブオイルには食用としてだけではなく、化粧品としての性能も認められていることをご存知でしょうか。

現在ではコンビニでもオリーブオイル化粧品が購入できるほどに認知されています。

しかし、やはり食用としてもイメージの強いオリーブオイルを自分の肌に塗るということに対しては少々忌避感に近いものを抱いている人もいるようです。

確かにオイル系の化粧品全般に弱い人や、皮脂の分泌量の多い人には肌に合わないこともあるようですが、基本的には天然素材であるため馴染みやすい人は多いようです。




オリーブオイルが多くの人の肌に合いやすい理由としては、オリーブオイルの性質は人間の皮脂に近いということが挙げられます。

そのため、肌に塗った際にオイルが馴染みやすいため、高い効果が期待できるのでしょう。

また、老化の防止にもつながる抗酸化作用というものを持っていることにも注目されており、オリーブオイルを使用する人も多いようです。

オリーブオイルを肌に塗ることでの効用として、乾燥肌の防止や紫外線から守ることなどの効果が確認されています。




オリーブオイルの化粧品はコンビニだって購入できますし、しっかりとした化粧品店でも置かれています。

その種類も肌に塗る液体状のものから洗顔のパック用、あるいはクリームのような形のものや石鹸まで様々な種類のものが商品として売られております。

また、オリーブオイルのみに関わらずオイル商品に関する注意点などですが、化粧品の消費期限が過ぎ、酸化してしまったものに関しては逆に肌荒れを起こす原因にもなることがあるため、期限を守り使い切るように心がけると良いでしょう。

Leave a Reply