保育専門学校に通い保育士の資格を得ることもできます。

国家資格である保育士はとても人気の職業の1つで、特に最近は夫婦共働きや核家族が増えてきているので子供がどんどん減ってきているにも関わらず、乳幼児の時期から子供を預けたいと思う人がとても増えてきています。

なので、子供を受け入れる側の認可保育所や無認可保育所、子供が病気の時に預かってもらえる病児保育、また各地域には子育て支援センターのような場所には必ず保育士さんが必要なので、保育士さんの需要はとても増えてきていると思います。



この大人気の保育士資格を取得するには、短大や大学で保育士養成課程の単位を取得すると保育士資格を取得できますし、また、保育専門学校で勉強すれば資格を取得することもできます。

それら以外にも保育士試験に合格すれば資格を得られます。

なので、保育専門学校には約1年から2年ほど通い単位を取得することで卒業時に資格が得られるのと、年1回行われる試験に対応する為の受験対策の保育専門学校などもあるようです。



保育士を目指す人達は子供好きが多いと思いますが、私の周りにも子供が好きで保育士の勉強をして実際に働いている友人が何人かいます。

子育てというのはとても大変なことで、自分に子供が出来てみると改めて思いますが、それを職業として働いているのはとても大変だと思います。

それに、人の子供を預かるというのは物を預かるのとは全く違うので、責任感も相当必要だと思います。

とても元気な子供が相手の仕事なので、体力的にも精神的にも強さがある人が向いている職業のような気がします。

Leave a Reply